よくある質問集(一般向け) よくある質問集(主催者向け) イベントナビの上手な使い方(一般向け) イベントナビの上手な使い方(主催者向け) サンプリング協力イベント募集 


第一回代々木能舞台文化公演

2017/09/05UP

イベントTOP

『イベントナビ』に掲載されている個々のイベントの問合せや確認は、直接、主催者宛にお願いいたします。
『イベントナビ』では個々のイベントの内容には関知しておりません。お問合せを受けてもお応えできません。

開催概要

イベント名 第一回代々木能舞台文化公演
主催者名 [代々木能舞台文化公演世話人会]

出展内容

西新宿の高層ビルが建ち並ぶ中、取り残された異空間のようにひっそりとたたずむ代々木能舞台。
大正・昭和初期、都内に数箇所存在していた屋敷内能舞台は、現今では数少ない遺構のひとつとなりました。
四季を感じる開放的なこの空間にはかつて能が屋外で演じられていたことを知る原風景があります。
屋内の敷舞台は昭和8年、中庭に面した本舞台は昭和25年の築造で、平成21年に国の登録有形文化財に指定されました。
この能舞台を代々守り続けてきたのは観世流を代表するシテ方の一つ、浅見家です。浅見家は数千点におよぶ能装束や面、舞台道具をコレクションし、能の普及に努めています。

 本公演は、代々木能舞台の特徴の1つである季節を感じとりながら、能のみならず、ジャンルをこえ、ダイジェスト的に日本文化を楽しんでいただくシリーズ公演です。
第1回は「語り」をテーマに、落語よりもその歴史が古いとされている「講談」からは、人間国宝の一龍齋貞水さんをお招きして、名作「勧進帳」をお送りします。
そして江戸前狂言、和泉流からは高野和憲さんによる「奈須与市語」。一人で義経・実基・与市・語り手の四役を演じ分け、扇1枚で緊張した場面を見せます。
能は「紅葉狩」より、後シテを装束をつけて行う能舞です。観世流の浅見慈一さんが華麗に披露します。
通常は入ることができない能舞台です。初秋の昼下がり、伝統文化の豪華なプログラムをご堪能ください。

お申し込み方法
-(1)プレイガイド カンフェティ http://confetti-web.com/ 電話:0120-240-540(平日10時~18時)
-(2)事務局メールでのお申込み yoyogiculture@gmail.com
※お名前とお申込み人数、ご連絡先をお送りください。受付完了後、お振込のご案内を致します。       
※平成29年9月22日までにお申し込みお振込をお願いいたします。
※定員になり次第、受け受けを締め切る場合があります。

詳細情報

会場 [代々木能舞台]
住所 渋谷区代々木4-36-14
問合せ先 TEL 03-3370-2757   E-Mail yoyogiculture@gmail.com
開催期間 17年10月01日
開催時間 13時30分 ~ 16時00分
料金 自由席:12,000円

関連情報

イベント
キーワード
[講談] ・[狂言] ・[能舞] ・[人間国宝] ・[渋谷区] 
関連リンク [代々木能舞台ホームページ] 

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス(URL)
http://www.event-navi.ne.jp/eventnavi_trackback.php?id=0000046244


携帯アクセス

このイベントの携帯サイト用URL
http://www.event-navi.ne.jp/eventnaviMobile/d_top_mobile.php?sID=023&eID=0000046244

携帯のカメラで、左のQRコードを読み取ってください。
携帯からイベントの詳細ページにアクセスできます。
お出かけの際、場所等を確認するために便利にご利用いただけます。


このイベントについてのメールのお知らせ

このイベントについて主催者からの「お知らせメール」を希望される方はメールアドレスを登録してください。ただし、メールの発行・配信は主催者の判断によりますのでご了承ください。

メールアドレス:

(利用規約)