よくある質問集(一般向け) よくある質問集(主催者向け) イベントナビの上手な使い方(一般向け) イベントナビの上手な使い方(主催者向け) サンプリング協力イベント募集 

トップページへ戻る

イベント検索


※お望みの検索条件を指定し、「GО」をクリックしてください。
 これから開催されるイベント(開催日順)
 すべてのイベント(投稿順)

キーワード検索

都道府県検索

開催日検索


イベントナビ検索結果:工芸」を含む 約 2件のうち1- 10件を表示。

特別展「びっくり玉手箱 ガレの陶芸とガラス」

19世紀末、アール・ヌーヴォーの旗手として活躍したエミール・ガレはガラス工...

  • 20年03月14日 ~ 21年03月09日
  • 北澤美術館

総合芸術祭「第25回オアシス2020」

関西におけるアートシーンの活性化を目的として、1996年に大阪・京橋「OB...

  • 20年09月18日 ~ 20年09月20日
  • 大阪・京橋 OBPツイン21 アトリウム

ページ上部へ▲

イベント関連ホームページ検索結果 :「 工芸」を含む 約7件のうち 1-10件を表示。

1.artnavi.net:ストリート・アートナビ 関西・近畿・大阪市・京都市・神戸市・兵庫県の美術館・博物館・ミュージアム・デパートの展...

■美術館MAP ■美術館公式サイト 主催:姫路市立美術館、 NHKエンタープライズ近畿総支社 ◎植物の命の色をいただく」と言い、「蚕の命の糸を紡いで織る」と語り、紬織(つむぎおり)で前人未踏の豊かな芸術世界を開拓した染織家、志村ふくみ。1924年滋賀県近江八幡市に生まれ、母・小野豊の影響で、織物を始めた志村は第4 回日本伝統工芸展(1957年)に初出品で入選

2.和泉市久保惣記念美術館

Stations of the Tokaido, Hakone (Hoeido Edition) by Utagawa Hiroshige, Edo period The True Loyal Retainer: Oboshi Yuranosuke by Utagawa Kuniyoshi, Edo period 新館 平常陳列 中国の工芸品 中国の古代から近世にかけての

3.常陽史料館・アートスポット|常陽藝文センター

郷土の歴史や芸術文化などを中心に、さまざまな企画展示を随時開催いたしております。 (毎週月曜日休館、入館無料) 藝文ギャラリー秀作展 人のかたち(第3会場) 鶴岡義雄「夕涼み」 豊かな表情、美しい身体や仕草など、人間の姿は多くの美術家たちを魅了し、さまざまな表現を生み出してきました。 今展では、人物をモチーフにした絵画、彫刻、工芸の優品を展示します。 会期

4.藝文ギャラリー|常陽藝文センター

-71)gt; 2020年6月2日(火)〜7月12日(日) (入場無料・毎週月曜日休館) 榎戸庄衛「緑庭」 人間の姿かたちはある時は理想化された美の現れとして、またある時は弱さや醜さの象徴として、多くの美術家たちを魅了し、様々な「人のかたち」が生み出されてきました。 今展では常陽藝文ギャラリーと常陽史料館にて、人物をモチーフにした絵画、版画、彫刻、工芸品を展示

5.展覧会案内|和泉市久保惣記念美術館

代とヨーロッパ近代を中心に− 2019年9月1日(日)〜10月20日(日) 光を通すという共通の特徴を備える玉とガラスをテーマとして、中国とヨーロッパの玉器やガラス器を所蔵品から紹介します。玉は鉱物の一種で中国では新石器時代より貴重視され、現代に至るまで各種の工芸品が作られてきました。古代においては質感が似ていることから玉器に倣ったガラス器が作られたり、近世

6.博物館概要・収蔵品一覧/毛利博物館

問の家大江氏の流れをくむ家としての誇り高い伝統を有していたことを今に伝える貴重な品々だとされている。 このほか、甲冑・刀剣・武具・馬具・衣裳・調度・茶道具・漆器・陶磁器・金工品などの美術工芸品や絵画など約3,000点を所蔵している。これらのうち大部分はいずれも毛利氏重代の品々、および当主ならびに同夫人所用のいわゆる大名道具であるが、そのほか「日本国王之印

7.次回の展覧会 - 山種美術館

たいという声が多くよせられてきました。この声にお応えし、移転後初となる花をテーマとした企画として、四季折々の花を描いた絵画で会場を埋め尽くす「百花繚乱」展を開催します。 日本では古来より、四季折々を彩る花を愛で、詩歌に詠い、絵画や工芸の意匠に表現してきました。近代に入ってからは、従来の洗練された花鳥画や草花図の伝統を引き継ぎながらも、近代的な感覚を取り入れた

ページ上部へ▲