よくある質問集(一般向け) よくある質問集(主催者向け) イベントナビの上手な使い方(一般向け) イベントナビの上手な使い方(主催者向け) サンプリング協力イベント募集 


冒険クロストークVol.6 諏訪敦「遠ざかる対象、動...

2021/03/12UP

イベントTOP

『イベントナビ』に掲載されている個々のイベントの問合せや確認は、直接、主催者宛にお願いいたします。
『イベントナビ』では個々のイベントの内容には関知しておりません。お問合せを受けてもお応えできません。

開催概要

イベント名 冒険クロストークVol.6 諏訪敦「遠ざかる対象、動き続ける絵画」
主催者名 [冒険研究所]

出展内容

冒険クロストーク第6回のゲストは、武蔵野美術大学教授で、美術家、画家の諏訪敦さんです。
http://atsushisuwa.com

「超絶技巧」と評される諏訪さんの写実的な絵画技法は、時に「ドキュメンタリー」の手法であると言われます。
描く対象を一側面からのみ捉えて描くのではなく、その人物の生い立ち、価値観、性格、骨格、あらゆる関係性を探り、時に徒労かと思える時間を費やして一枚の絵を生み出します。
日本発祥の現代表現である「舞踏」の創始者の一人、大野一雄氏をはじめ、結婚直前の娘を事故で亡くした両親から生前の娘の姿を絵画で蘇らせるという依頼に応えた「恵里子」、そして、満州で飢えと病によって若くして亡くなった自身の祖母。それらの人々を描くにあたり、どのように対象と向き合い、どのように自己と向き合ってきたのか?
対象とは何か?自己とは何か?絵画とは何か?そして、人間はなぜ芸術に心動くのか?
たっぷりとお話を伺います。

【ゲストプロフィール】
諏訪敦(すわあつし)
武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。同大学大学院修士課程修了。武蔵野美術大学教授。美術家、画家。
1994年、文化庁芸術家派遣在外研修員に推挙、2年間スペインに渡る。2000年『大野一雄・慶人』(日本橋三越本店)を開催。
主な個展に、2008年『複眼リアリスト』(佐藤美術館)、2011年『一蓮托生』(成山画廊)がある。
2011年『諏訪敦絵画作品展 ~どうせなにもみえない~』(諏訪市美術館)を開催し、2冊目の作品集『どうせなにもみえない』を刊行。
このほか、NHK日曜美術館「記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~」への出演などがある。

詳細情報

会場 [冒険研究所]
住所 大和市福田5521-7-2F
問合せ先 TEL 046-269-2370   E-Mail official@polar-ogita.com
開催期間 21年03月14日
開催時間 13時00分 ~ 18時00分
料金 第1〜2部 通しで2,000円(学生は1,000円)
備考 参加申込みは事前に以下のサイトよりお願いいたします https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01edm9pfhch11.html

関連情報

イベント
キーワード
[荻田泰永] ・[諏訪敦] ・[北極] ・[冒険] ・[南極] 
関連リンク [参加申込み] 

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス(URL)
http://www.event-navi.ne.jp/eventnavi_trackback.php?id=0000055643


携帯アクセス

このイベントの携帯サイト用URL
http://www.event-navi.ne.jp/eventnaviMobile/d_top_mobile.php?sID=009&eID=0000055643

携帯のカメラで、左のQRコードを読み取ってください。
携帯からイベントの詳細ページにアクセスできます。
お出かけの際、場所等を確認するために便利にご利用いただけます。


このイベントについてのメールのお知らせ

このイベントについて主催者からの「お知らせメール」を希望される方はメールアドレスを登録してください。ただし、メールの発行・配信は主催者の判断によりますのでご了承ください。

メールアドレス:

(利用規約)