よくある質問集(一般向け) よくある質問集(主催者向け) イベントナビの上手な使い方(一般向け) イベントナビの上手な使い方(主催者向け) サンプリング協力イベント募集 

トップページへ戻る

イベント検索


※お望みの検索条件を指定し、「GО」をクリックしてください。
 これから開催されるイベント(開催日順)
 すべてのイベント(投稿順)

キーワード検索

都道府県検索

開催日検索


イベントナビ検索結果:アート」を含む 約 10件のうち1- 10件を表示。

バラエティロード SANYA 2019 企画説明会・きむらとうしろうじんじんの「野点」説明会

【令和2年度子ども創作教室「ぐるぐるミックス」通年教室開催のお知らせ】 ...

  • 20年05月01日 ~ 21年03月31日
  • 台東区清川区民館三階 第一集会室

トリック坊やを探せ!

”那須とりっくあーとぴあ”にある3つのトリックアート美術館。各館3ヶ所に、...

  • 20年08月01日 ~ 20年12月31日
  • 那須とりっくあーとぴあ

【秋限定メニュー】木工くっつき自由工作「ハロウィン仮面」

今年のハロウィンは手作りアートで盛り上がろう! 軽くて丈夫なパルプ素材がベ...

  • 20年09月05日 ~ 20年11月01日
  • 藤野芸術の家 体験工房

【秋限定メニュー】木工クラフト「フェルトDEオブジェ」

今年のハロウィンは手作りアートで盛り上がろう!             カ...

  • 20年09月05日 ~ 20年11月01日
  • 藤野芸術の家 体験工房

【秋限定メニュー】アロマランプorランチプレートの絵付け

今年のハロウィンは手作りアートで盛り上がろう!アロマと優しい灯りが同時に楽...

  • 20年09月05日 ~ 20年11月01日
  • 藤野芸術の家 体験工房

【秋限定メニュー】UVレジンのハロウィンアクセサリー

今年のハロウィンは手作りアートで盛り上がろう!かぼちゃやコウモリ、おばけな...

  • 20年09月05日 ~ 20年11月01日
  • 藤野芸術の家 体験工房

【秋限定メニュー】サンドブラスト「キャンドルランタン(LEDスタンドライト付き)orLEDキャンドルライト」

今年のハロウィンは手作りアートで盛り上がろう!ゆらめく灯りに癒されるLED...

  • 20年09月05日 ~ 20年11月01日
  • 藤野芸術の家 体験工房

★コンクール入賞者続出!親子で一緒に!AKANONこども芸術アカデミー★

ご好評いただいております、 赤ちゃんの脳を育む会AKANONのアートレッス...

  • 20年10月25日 ~ 20年11月22日
  • 赤ちゃんの脳を育む会幼児教室

こども劇場 伝統芸能「おまつり彩祭 ~民族芸能アンサンブル若駒」

どどんこドン♪みんなウキウキ! みんなの心を元気にしてくれる日本の芸能を、...

  • 20年11月22日
  • クレオ大阪東・ホール(申込・問合せはこども文化センターまで)

こうべキッズエンジョイアートデイ

☆心のこもったクリスマスプレゼントや楽しいファミリーパーティー用にどうぞ!...

  • 20年11月29日
  • 葺合文化センター大会議室

ページ上部へ▲

イベント関連ホームページ検索結果 :「 アート」を含む 約3件のうち 1-10件を表示。

1.親子cafe LUNCH BOX - livedoor Blog(ブログ)

店内 今回のイベント内容は 「ひとあし早いクリスマス会」 大道芸人くすおじさん の バルーンアート 不思議な楽器でクリスマスソングを歌いましょう♪ 加藤さんのよみきかせ 「まどから おくりもの」 風船のプチプレゼントもあるよ ! イベント参加費は 親子で300円 です。 フリマ出品者も募集中です! 出店料は300円。(イベント参加費は無料です) 手作りス

2.イベントナビ - インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo ...-

イベント名 インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo 第6回公演 主催者 [クリエイティブ・アート実行委員会] 会場 [東京芸術劇場シアターイースト] 住所 豊島区西池袋1‐8‐1 問合せ先 TEL 03-6426-5182 E-Mail musekk@aol.com 開催期間 19年03月30日 ~ 19年03月31日 料金 *一般 前売り 3

3.イベントナビ - 東京芸術祭2016 芸劇オータムセレクション カ...-

、更なる困難に立ち向かう。サイレント映画やバーレスクや風刺漫画のように滑稽でありながら、詩情あふれる崇高な受難譚。 カミーユ・ボワテルの原点とも言うべき本作。ダンスともサーカスともアクロバットともアートのいずれでもあり、そのいずれでもない、ジャンルの垣根を軽々と飛び越えた、シュールでコミカルでクレイジーな、これまでに見たことのないようなカミーユ・ボワテルならで

ページ上部へ▲