日本文壇史入門 ー「文豪」たちの時代から現代...

2019/10/10UP

イベントTOP

『イベントナビ』に掲載されている個々のイベントの問合せや確認は、直接、主催者宛にお願いいたします。
『イベントナビ』では個々のイベントの内容には関知しておりません。お問合せを受けてもお応えできません。

開催概要

イベント名 日本文壇史入門 ー「文豪」たちの時代から現代へ
主催者 [京都大学人社未来形発信ユニット]
会場 [京都出町柳 GACCOH]
住所 京都市左京区泉殿町63-17
問合せ先 E-Mail ukihss@bun.kyoto-u.ac.jp
開催期間 19年10月19日 ~ 19年10月20日
開催時間 13時00分 ~ 16時30分
料金 各日程:予約2,500円 / 当日3,000円  2日セット:予約4,000円 / 当日4,500円

関連情報

イベント告知メッセージ

漱石・鴎外・芥川・谷崎といった、明治から昭和にかけてのいわゆる「文豪」たちも、一人ひとり孤立して何もないところから現在にまで伝わる「名作」を編み出したわけではありません。一つの作品が書かれ、それが後世まで残る名作と認められていく、あるいは認められずに消えていくまでの過程には、文学者の間で不断に繰り広げられてきた「正統なる文学とは何か?」をめぐる議論や論争、その結果としてのパラダイムの更新といった要素が分かちがたく存在しています。文学的価値をめぐる息詰まる熟議や駆け引きの行われるこのような「場」を、我々は時に「文壇」と呼んできました。
 この講義では、明治末期から昭和初期に至るまでの30年ほどの時代を「文壇史」という観点から捉え、おなじみの名作たちがどのような状況の中で生まれてきたのかをお話しします。また、当時の文壇における議論や論争は、わたしたちが現代のフィクションを読み解く際に重要となる論点も示唆してくれます。文豪たちの群像劇から新海誠に至るこの講義を通じて、ぜひ文壇史のおもしろさに触れてみてください。

講義内容
・1日目前半(第1回):夏目漱石VS 森鴎外VS自然主義……小説の価値をめぐる死闘
・1日目後半(第2回):大正文学の寵児、芥川龍之介VS 孤高の天才、谷崎潤一郎……大正文壇の人びと

・2日目前半(第3回):「純文学」の誕生と芥川賞制定……あるいは物語の物語
・2日目後半(第4回):近代文学の論点から考える現代の小説・映画・アニメ……黒澤明・小津安二郎から新海誠『天気の子』まで

事前予約を希望される方は下記URLよりお申し込みください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/018bru10i2j5c.html

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス(URL)
http://www.event-navi.ne.jp/eventnavi_trackback.php?id=0000052621


携帯アクセス

このイベントの携帯サイト用URL
http://www.event-navi.ne.jp/eventnaviMobile/d_top_mobile.php?sID=000&eID=0000052621

携帯のカメラで、左のQRコードを読み取ってください。
携帯からイベントの詳細ページにアクセスできます。
お出かけの際、場所等を確認するために便利にご利用いただけます。


このイベントについてのメールのお知らせ

このイベントについて主催者からの「お知らせメール」を希望される方はメールアドレスを登録してください。ただし、メールの発行・配信は主催者の判断によりますのでご了承ください。

メールアドレス:

(利用規約)