【シンポジウム】 地球を見守る宇宙の眼~温室...

2016/08/25UP

イベントTOP

『イベントナビ』に掲載されている個々のイベントの問合せや確認は、直接、主催者宛にお願いいたします。
『イベントナビ』では個々のイベントの内容には関知しておりません。お問合せを受けてもお応えできません。

開催概要

イベント名 【シンポジウム】 地球を見守る宇宙の眼~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の今とこれから~
主催者 [環境省]
会場 [コクヨホール]
住所 港区港南1-8-35
問合せ先 TEL 03-5825-9735   E-Mail climate@gef.or.jp
開催期間 16年09月11日
開催時間 13時00分 ~ 17時00分
料金 無料

関連情報

イベント
キーワード
[気候変動] ・[温暖化] ・[気象] ・[衛星] ・[宇宙] 
関連リンク [地球・人間環境フォーラム] 

イベント告知メッセージ

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)は、温室効果ガスの観測を主目的とした世界初の人工衛星です。
本シンポジウムでは、「いぶき」の概要や、これまでの観測で得られた成果を紹介します。
また、講演後には、「いぶき」搭載センサに関する実験やパネル展示など、研究者と直接対話できる展示・実演コーナーを開設します。
<シンポジウム概要>
【定 員】300名(事前登録制)
【参 加】申込フォームはこちら
https://business.form-mailer.jp/fms/e7bd179d59906
主催:環境省/ 共催:JAXA、国立環境研究所
<プログラム>(敬称略)
第1部 「講演」(13:00~15:30)
● JAXA 油井亀美也宇宙飛行士によるビデオメッセージ(予定)
● 基調講演
地球をめぐる温室効果ガス─全球規模での監視の必要性─
  三枝信子(NIES 地球環境研究センター 副センター長)
「いぶき」の開発から打ち上げと運用、後継機の開発
  中島正勝(JAXA GOSAT-2プロジェクトチーム ミッションマネージャ)など
● パネルディスカッション
地球温暖化の監視・抑制における衛星の重要性
〈コーディネーター〉 原澤英夫(NIES理事)
〈パネリスト〉 木原実(NTV「news every.」気象キャスター/気象予報士)など
第2部 「展示・実演」(15:30~17:00)
研究者との直接対話のほか、「いぶき」の観測手法の実演や模型、球体ディスプレイ、パネルの展示などを行う体験型コーナーです。
<参加申込方法>
シンポジウムへのご参加には申込フォーム(推奨)から、またはE-mailか電話、FAXでの事前申込みが必要になります。
● 申込フォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/e7bd179d59906
<申込・問合せ先>
〈シンポジウム事務局〉地球・人間環境フォーラム
TEL:03-5825-9735 / FAX:03-5825-9737 / Eメール:climate@gef.or.jp

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス(URL)
http://www.event-navi.ne.jp/eventnavi_trackback.php?id=0000042717


携帯アクセス

このイベントの携帯サイト用URL
http://www.event-navi.ne.jp/eventnaviMobile/d_top_mobile.php?sID=000&eID=0000042717

携帯のカメラで、左のQRコードを読み取ってください。
携帯からイベントの詳細ページにアクセスできます。
お出かけの際、場所等を確認するために便利にご利用いただけます。


このイベントについてのメールのお知らせ

このイベントについて主催者からの「お知らせメール」を希望される方はメールアドレスを登録してください。ただし、メールの発行・配信は主催者の判断によりますのでご了承ください。

メールアドレス:

(利用規約)