『書道は脳を元気にする』海部俊樹賞他、受賞歴...

2016/08/01UP

イベントTOP

『イベントナビ』に掲載されている個々のイベントの問合せや確認は、直接、主催者宛にお願いいたします。
『イベントナビ』では個々のイベントの内容には関知しておりません。お問合せを受けてもお応えできません。

開催概要

イベント名 『書道は脳を元気にする』海部俊樹賞他、受賞歴数々の講師!楽しみながら、体と頭を使って取り組む書道を気軽に始めてみませんか♪優しくて気配り上手、楽しい講座を目指します♪
主催者 [ハピネスアカデミー]
会場 [ハピネス]
住所 板橋区板橋2-62-8 
問合せ先 TEL 03-6915-5398   E-Mail jimukyoku@happiness-school.jp
開催期間 16年10月26日
開催時間 14時00分 ~ 15時30分
料金 5000円(税込み)毎月第2、第4水14時~15時半開催。(お申込みは2日前までにご連絡下さい)。
備考 平間 秀慧(翠心)
(書道歴)
・国際書法芸術展審査員
・毎日書道無鑑査
・日本書道教育協会認定教室主宰
・全日本書道連盟準会員

・海部俊樹賞(2016/4)
・毎日賞(2014/7)
・中国大使館文化参事官賞(2012/2)
・王羲之賞(2011/6)
他 多数の受賞歴。

毎月第2、第4水曜日、14:00~15:30開催。

関連情報

イベント
キーワード
[健康] ・[セミナー] ・[アート] ・[カルチャー] ・[板橋区] 

イベント告知メッセージ

学書の内容

1、書の発展の歴史を学ぶ
2、5書体(篆・隷・楷・行・草書)を通じて習得する
3、古典の名筆を臨書して、書風の違いを 識得する
4、書を純粋な芸術として、その線のリズム感・質感の良否、自己の造形力の価値判断の正確を期すこと
5、拓本と筆書との異なる書的美感を見分ける研究が大切である
6、詩文との接触に敏感であれ
7、文字の校訂
何を書くか、どう書くか、何を書くか
8、墨色のもたらす効果で作品の印象が深まることを学ぶ
9、表装仕立ての工夫
10、気韻生動
作品の発する放射力に見るものがおぼえる感動は、人類が等しく受けるもの

[臨書について]
臨書とは原典を忠実に写す、つまり模写と、自分がそれをどういうふうに書くかとする意臨があります。 まず見たものを写す技術がなくてはならない。それを自分のものとして 応用していく。書ばかりはまず臨書をやらなくては基本が確立しません。
線・墨・空間・形のバランスがいか
にとれているか。
結局、作品は自分の中の心との対決
です。

書道は脳を元気にします。
楽しみながら、体と頭を使って取り組む書道を気軽に始めてみませんか。

1、学ぶことは楽しい
「継続は力なり」
天才とは努力を続けられる人

2、努力の見える化
書道は客観的評価があり、資格を
取得できます。

3、夢を実現する
ハードルは質より量です。
プラス5%を目標値として設定すれ
ば、無理なく夢は実現します。
小さな達成感を沢山積み重ね、立派
な成功体験をつかんで下さい。

パソコンばかり使っていると、知っているはずの漢字が書けなくなるのは、手を動かそうとするとき、ストローク(一画一画の動き)を思い出せないからです。
手書き文字は、真心を伝える手段としてその価値を見直されています。
相手を思い、選んだその一言は、必ず気持ちが伝わります。あなたらしい美しい文字で、心の豊かさを書で表現して下さい。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス(URL)
http://www.event-navi.ne.jp/eventnavi_trackback.php?id=0000041947


携帯アクセス

このイベントの携帯サイト用URL
http://www.event-navi.ne.jp/eventnaviMobile/d_top_mobile.php?sID=000&eID=0000041947

携帯のカメラで、左のQRコードを読み取ってください。
携帯からイベントの詳細ページにアクセスできます。
お出かけの際、場所等を確認するために便利にご利用いただけます。


このイベントについてのメールのお知らせ

このイベントについて主催者からの「お知らせメール」を希望される方はメールアドレスを登録してください。ただし、メールの発行・配信は主催者の判断によりますのでご了承ください。

メールアドレス:

(利用規約)