東山魁夷展 -自然と人、そして町

開催期間16年09月17日 ~ 16年10月30日
開催時間9時00分 ~ 17時00分
会場名広島県立美術館
住所広島市中区上幟町2-22
料金一般1,300(1,100)円、高・大学生900(700)円、600(400)円
問合せ先TEL:(082)221-6246  E-Mail:iroeuma2@gmail.com
主催者広島県立美術館
清澄で深い情感をたたえた風景画で知られる東山魁夷(1908‒1999)。本展では、画業の変遷を代表作でたどるとともに、東山芸術の記念碑的大作「唐招提寺障壁画」全68面を特別展示。戦後を代表する日本画家であり、国民的画家と謳われた東山魁夷の画業の神髄を紹介します。

会場 広島県立美術館 3階企画展示室

・≪緑響く≫ 1982年 長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵
・唐招提寺御影堂内部
アクセス:
広島駅より約1km、広島城より約400m。
市内電車(「八丁堀」で乗り換え)白島線で「縮景園前」下車約20m、広島駅新幹線口から、ひろしまめいぷる~ぷ(市内循環バス/9:00~17:30の間、毎時0分、30分発)で「広島県立美術館前」下車。